中国メディア・21世紀経済報道は27日、中国政府による「ゴミ輸入禁止令」により、日本のリサイクル能力がさらに高まる可能性があるとする記事を掲載した。

 記事は、「廃プラスチックおよび古紙において、中国は日本にとって主要な輸出先になっている。2016年におけるわが国の廃プラスチック輸入では、日本が全体の11.5%を、古紙輸入では20.5%を占めた。日本から輸出される廃プラスチックの半数、古紙の7割は中国向けだった」と紹介した。

 そのうえで、国務院弁公庁が昨年7月27日に「海外のゴミ輸入を禁止し、固体廃棄物の輸入管理制度改革を推進する実施プランに関する通知」、いわゆ・・・・

続きを読む