川崎重工が米ニューヨークの地下鉄車両の製造を最大1600両余りを受注したことが伝えられた。受注総額は4000億円にのぼる超巨大案件になるという。中国メディア・今日頭条は26日、「中国中車が川崎重工に負けたのは、技術ではなくサービスだった」とする記事を掲載した。

 記事は、「中国中車は世界最大の鉄道車両製造企業であり、ボストンの地下鉄車両を受注している。しかし、今回の入札では世界第4位のカナダ・ボンバルディアと手を組んだにも関わらず、川崎重工に敗れた。技術が問題なのではない。原因はやはりサービス面にあったのだ」としている。

 そして、「1994年のある深夜、ニューヨ・・・・

続きを読む