中国にはサッカーファンが少なくないが、代表チームの弱さを嘆く声が頻繁に聞かれ、アジアの中でも飛び抜けて強い日本とたびたび比較されている。中国メディアの東方体育はこのほど、「日本サッカーがアジアで唯一ずっと先を行っている」と主張し、その理由を探る記事を掲載した。

 中国人の筆者は、日本に留学していた経験から、「日本人にとってはサッカーが身近にある」と紹介。日本ではサッカー経験者が多く、小学生から高校生、大学生、社会人とどんな世代の人も気軽にサッカーをしていると伝えた。日本は中国と異なりサッカー環境が整っていると言えそうだ。

 そのよい例として、2003年の天皇杯につ・・・・

続きを読む