中国メディア・今日頭条は23日、「わが国の土壌に含まれる有機質の割合が日本に追いつくには、少なくとも50年は必要だ」とする記事を掲載した。

 記事は、「有機質の含有量は、土壌の肥沃さを示す重要な指標だ。有機質は土壌の養分の主な供給源であり、作物の生長を促すほか、土壌の汚染除去に役立つ。日本のリンゴ園における有機質の含有率は6.8%に達するとのことだが、これは非常に驚異的な数字だ。一方、中国国内の果樹園の有機質含有量は概ね1%以下である。1%あればなかなかのものであり、2%となるとほんの1つまみ程度なのだ」と紹介した。

 また、「毎年作物を育てるなかで、土壌の負荷を・・・・

続きを読む