中国人旅行客の多くは「日本の街の清潔さ」に驚くという。中国の街中は確かに決して清潔というわけではないが、中国人が清潔さを好まないわけではない。事実、自宅は清潔にしているという中国人は多く、「公共の場所を清潔に保つべきかどうか」についての考え方が日中で違うだけと言えるかもしれない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人が清潔さにこだわるのは自宅だけでなく、自宅の「外」まで清潔さに徹底的にこだわると伝え、その様は中国人から見ると「狂気を感じるほど」だと伝えている。

 記事は、日本人が清潔さを好むことは中国人なら誰でも知っていると伝え、汚れていて当たり前の「工事現場」ですら徹底的な掃除や整理・整頓を行うと紹介。そして、この習慣は幼少期の頃に培われるとし、小学生の頃から教室やトイレを掃除させることは「小学校における重要な教育の一環」となっていることを強調した。

 さらに、「狂気を感じる」と表現した日本の清潔さの事例として、小売店や飲食店では入り口付近のアスファルトにこびりついた汚れまで徹底して綺麗にすることや、中国では考えられないほど細かくゴミを分別することなどを挙げ、「日本人は身なりまで非常に清潔感があって、驚きを感じざるを得ない」と主張した。

 記事は、日本がこれほど清潔なのは日本人の民族性に大きな原因があると指摘する一方で、日本が海洋性気候で雨が多く、街中のチリやホコリが洗い流されることも原因の1つだと主張。中国は乾燥しがちな気候であり、黄砂も多いため、「中国が日本のような清潔さを実現するためには、日本人以上の努力が必要だ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)