北京や上海などでは片側だけで3ー4車線もある道路が多く、日本より道路が広いのが一般的だ。人口が多く、車も増えているうえに運転マナーの悪いドライバーが多いことから、中国では車線数が多くても深刻な渋滞がしばしば発生する。

 日本を訪れた中国人旅行客のなかには「日本は道路が狭いのに、誰もがルールを守って運転しているため、路上には秩序がある」と感じる人がいるようだが、中国人が気づくのはそれだけではないようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の道路は「細かいところまでよく考えられている」と伝える記事を掲載した。

 記事は、日本の高速道路を利用した中国人の見解として、「日本の高速道路は車線数が狭いのに、利用料金は高い」と指摘し、車線数が広い中国のほうが「利用料金は合理的な水準に感じる」と主張。一方、日本の高速道路は「騒音対策がしっかりとなされていること」に驚いたとし、住宅地の近くを通る高速道路は騒音を軽減するために遮音壁や裏面吸音板が「隙間なく設置してある」と伝え、遮音壁の設置が徹底されていない中国とは大違いだと論じた。

 さらに、日本では交通標識は非常に見やすい場所に、見やすいように設置されていて、「誰もが一目瞭然で、しっかりと考えられて設置されていることがわかる」と指摘。また、「動物注意」や「横風注意」といった標識もあり、こうした点にまで注意を呼びかける細やかさに驚いたと伝えた。

 また記事は、特に印象深かったのは「サービスエリア」であったとし、トイレは非常に清潔で、温水洗浄便座やトイレットペーパーが完備されていたほか、トイレ内にまで避難経路図が掲示されていたことは驚きだったと指摘。地震が多い日本ならではと指摘する一方、やはり万が一を考えて細やかな対応がなされていることに中国との違いを感じたと紹介している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)