多くの日本人は意識していないが、中国にとって1月21日は特別な日だという。なぜなら、123年前に、日本の内閣が尖閣諸島(中国名:釣魚島)の「占領」を決定したからだという。

 中国共産党機関紙の人民日報は21日、「123年前の今日、日本は釣魚島を盗み取った」と題する記事を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に掲載し、中国人ネットユーザーたちに向けて拡散を呼びかけた。

 内容は、中国が日清戦争に敗れた翌年の1895年1月14日、日本政府は秘密裏に尖閣諸島を「日本の領土に編入」することを決定、21日に日本の内閣が再び尖閣諸島占領を強行することを秘密裏に決定したというもの・・・・

続きを読む