中国メディア・今日頭条は21日、「1990年代生まれの人たちが、今もなお『クレヨンしんちゃん』を見続ける3つの理由」とする記事を掲載した。

 記事は、「クレヨンしんちゃんのアニメは、90年代生まれならみんな知っていて、多くの人が小さい頃に見ていたことだろう。しかし、彼らの中には今もなお見続けている人が確かにいる。それはどうしてなのだろうか。分析してみた」としたうえで、今年19−28歳になるこの世代が子ども向けアニメとして親しまれているクレヨンしんちゃんを見る理由を3つの点から説明している。

 1点めは、「このアニメを通じて日本の生活や各種習俗を理解することができる・・・・

続きを読む