かつては中国で高い評価を受け、多くの企業の手本となっていた日本の家電メーカー。しかし、近年では日本企業のデータ偽造問題や欠陥製品などによって日本の製造業全体が評判を落としている。一方の中国メーカーはどんどん力をつけてきており、一部の大手メーカーは中国や台湾メーカーに買収された。こうした状況を受け、中国メディアの今日頭条は19日、「日本の製造業が負けた背後には何があるのか」を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本で脈々と受け継がれてきた匠の精神は、多くの中国人の「あこがれでもあった」と指摘。日本企業の一連の問題が表面化するまでは、中国では日本製の家電は高額でも手に入れたい人が多く・・・・

続きを読む