中国メディア・今日頭条は20日、約50年前の東京五輪開催で「未来の日本」を掲げて人びとの生活を一変させるきっかけを作った日本が、2020年の五輪で再び「新たな50年」を生み出そうとしているとする記事を掲載した。

 記事は「戦後の日本において、1964年の東京五輪開催は大きな歴史的な意味を持った。新幹線、カラーテレビ、衛星中継、コンピューター記録システム当時といった日本の重要な科学技術が披露され、日本人の生活を変えるとともに、新たなビジネスチャンスを創出したのだ」とした。

 そのうえで、その56年後に開催される2020年の東京五輪・パラリンピックにおいても日本政府は・・・・

続きを読む