世の中に流通している商品の多くには、説明書がついている。商品の機能や用途、安全リスクによって説明書の内容や量はさまざまだ。中国の電子ビジネス関連メディア・派代に19日、「日本の商品説明書には、商品以上に思いやりを感じる」とする文章が掲載された。

 文章は、「製品の説明書は、消費者を安心させる保障のようなものである。おもしろいことに国によって説明書のテイストは異なっていて、実用主義の米国ではシンプルさが追求されている。一方、ハンガリーでは、商品が壊れた時に自分で修理できるよう、製品の構造や部品について細かく説明されている。そして、細やかさで知られる日本人は、説明書に様々な工夫を凝らして・・・・

続きを読む