世界最大の自動車市場である中国だが、街中で見かけるのは主にドイツ車や日系車などの合弁車であり、中国車は「乗っていてメンツが立たない」という扱いを受けることも多々あるのが現状だ。

 中国人としては、せっかく自国に世界最大の市場があるのに、消費者が中国車を支持せず、合弁車を支持する人が多いことが悔しいようで、韓国車が圧倒的な支持を得ている韓国を見習うべきだという声は少なからず存在する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、韓国人は頑なに日本車を購入しようとしないという噂を紹介する一方、韓国人が日本車を購入しないのは「韓国人の愛国心が強いからではない」と論じる記事を掲載した。

 まず記事は、韓国に行ったことがある中国人ならば、「韓国では日本車がまったく走っていないわけではない」ことは知っているはずとし、中国国内で言われているような「韓国人は決して日本車を買わない」という噂は「間違っている」ことが分かると指摘。確かに韓国国内では韓国車のシェアが圧倒的に高いが、これは韓国人の愛国心からではなく、韓国車のコストパフォーマンスが良いためであり、「愛国心とは無関係」であると論じた。

 さらに、韓国では日本の高級車ブランドが人気となっており、販売を伸ばしていると伝え、この点からも韓国人の自動車選びが「愛国心とは無関係」であることが分かると主張。中国国内では「韓国人は気骨があるから、日本車を排斥している」という噂があるものの、これは「嘘」であると主張した。

 中国人は何らかの消費を行う際に、その製品がどの国のメーカーなのかを非常に気にする傾向があるが、これは中国人独特のものだと言えるだろう。日本人や韓国人は消費を行うにあたってどの国のメーカーなのかをさほど気にしておらず、品質やコストパフォーマンスをはじめとする実用性を評価して購入する人が多いのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)