家の中で最も「清潔さ」にこだわる場所としてトイレを挙げる日本人は少なくない。しかし、こうした答えは中国人にとっては非常な驚きとなるらしい。日本と中国では住宅の造りが異なり、同時にトイレに対する概念も違っているためだ。中国メディアの房天下は17日、日本人のトイレに対する概念は「文化」であるとして、日本のトイレは日本人の細かさを如実に表している場所だとする記事を掲載した。

 中国人からすると日本人のトイレに対する扱いは「まるで神格化されているかのようだ」と感じるとし、日本で数年前にヒットした「トイレの神様」という曲と、その物語で幼い女の子がトイレを掃除している姿は中国人に深い印象を与えるものとなったと紹介。中国人にとっては、トイレに神様がいて、清潔に保つことで日々を安泰に過ごせるという信仰があれば、日本人ほどトイレの清潔さにこだわる理由として納得がいくようである。

 しかし、中国の概念としては住居の造りから分かるように、シャワー室のある空間に洗面台と洗濯機が置かれていて、そこに便器もあるのが家庭のトイレ空間なのだ。つまり、中国では日本のように「トイレだけの空間」はないので、日本人が抱くような自分だけの密室という安心感はなく、あえて長く居たいとも感じないのだ。

 また、日本のトイレは換気の為の小窓や換気扇、多機能便座には消臭機能が付いていることを強調したほか、日本ではトイレのさまざまな消臭グッズが販売されていることを紹介し、日本人がいかにトイレにこだわっているかを伝えた。

 近年増加している中国人観光客は日本のトイレの清潔さだけでなく、温水洗浄便座で消音や自動洗浄、緊急呼び出しなど様々なボタンがあることに戸惑いや驚きを見せる。もし日本の「家庭トイレ」を使用する機会があれば、その居心地の良さに驚くとともに、トイレに長居したくなる日本人の気持ちが理解できるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)