日本国内の動物園にいるジャイアントパンダは、中国に料金を支払って「レンタル」しているものであり、たとえ日本国内で生まれたパンダであっても、そのパンダの所有権は中国側にあることになっている。

 東京・上野動物園では赤ちゃんパンダの「シャンシャン(香香)」が人気を呼んでいるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本におけるパンダの人気ぶりを紹介しつつ、中国のパンダの「稼ぎっぷり」は凄まじいと伝えている。

 記事は、パンダは「かわいい」動物として世界的に有名だが、近年の中国はパンダの保護のために貸与しか行っていないため、パンダを展示したい動物園は中国にレンタル料を払って・・・・

続きを読む