弁当は日本文化の1つであり、日本人の生活にとって欠かせない存在の1つだと言えるだろう。学生でも社会人でも弁当の世話になっている人は少なくないはずだ。

 中国にも弁当は存在するが、中国人はもともと冷たいものを嫌う傾向にあるため、弁当文化はほとんど発達しなかった。たとえば中国高速鉄道の車内で販売される弁当は高額であるうえに味気ないとして不評であり、改善を呼びかける声は根強く存在する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で一般的に販売されている弁当の写真を複数掲載したうえで、「日本の弁当こそ本当の弁当であり、中国人が普段食べているのは弁当とは呼べない」と論じる記事を掲載した。

 記事は、弁当という言葉はもともと中国で生まれた言葉であると主張し、その後に日本に伝わり、「携帯する食事」の意味で使われるようになったと紹介。また、弁当という言葉は日本で戦における糧食という意味合いで使用されることもあったが、それから外出時に携帯する食事へと変化していったと論じた。

 続けて、現代の日本で販売されている数々の弁当の写真を掲載しつつ、日本の弁当こそが本当の弁当だと主張。色とりどりでメニューも豊富な日本の弁当は腹を満たすだけでなく、栄養のバランスまで考えられていて、目で見ても楽しい日本の弁当は中国の弁当とは「大違い」であり、日本の弁当が本当の弁当だとすると「中国人が普段食べているものは弁当とは呼べない」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)