中国では日系車について、「非常に低燃費だが、ボディーに使用されている鋼板が薄く、安全性に問題がある」というデマがネット上で流れている。中国メディアの今日頭条は16日、「日系車の燃費が良いのは使用されている鋼板が薄く、車重が軽いせいだというのは本当なのか」と題する記事を掲載し、中国で流れている噂が間違いであることを論じた。

 記事はまず、多くの中国人が日系車と聞いて連想することは「低燃費」であると紹介する一方、日系車の燃費が良い理由として多くの中国人が考えているような「使用されている鋼板が薄いため」という要因は間違いであることを紹介した。

 では、日系車の燃費が良い理由はどこにあるのだろうか。記事は、日本は天然資源の乏しい国であるため、低燃費の自動車を開発することが必要であったこと、世界の自動車メーカーと競争するためには、日本車ならではの武器が必要であり、日本車メーカーは低燃費を売りにして世界の市場で戦う必要があったと紹介。また、車重が重ければ重いほど高級で安全であるという中国人の認識は間違っており、シャーシやボディーの構造こそが安全性に大きな影響を与えるのだと指摘した。

 さらに、日系車の「エンジン」、「変速機」の性能も日系車の低燃費を実現する大きな要素であるとし、日系車が低燃費であるのは日系車の強みの一部に過ぎず、整備に掛かる費用や故障率の低さも日系車の強みであると指摘した。

 中国では日系車について良くない噂が数多く存在する一方で、街では日系車が非常に多く走っているのを見かける。多くの中国人が噂に左右されず、日系車の良い点を認め、購入してくれていることは喜ばしいことだが、これだけ日系車が売れているにもかかわらず、依然として良くない噂が消えてなくならないのも不可解なことだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)