中国メディア・今日頭条は13日、世界の主要都市における韓国料理の認知度に関する調査で、日本が調査対象中で最も低い認知度になったとする、韓国メディアの報道を伝えた。

 記事は、韓国・聯合ニュースの報道を紹介。同国の公共機関である韓食振興院が8日、世界の10都市に生活する20-59歳の非韓国人・韓国系市民6000人を対象とした、韓国料理に対する意識調査の結果を発表したとしている。調査は昨年9月29日から10月20日にかけて行われ、対象者は月1度以上外食する習慣があるという。

 調査の結果、韓国料理の認知度は全体で64.1%となった。国・地域別では東南アジアが80.0%・・・・

続きを読む