他国の文化や民族性を理解する一番良い方法は、その国の言語を学ぶことだとも言われる。アニメやドラマなど、どんなきっかけであっても互いに知りあう機会が開かれるのは良いことだ。中国メディアの今日頭条は5日、ある日本語教師が中国人の生徒に質問される「なぜ日本語には口汚く人を罵る言葉がないのか」という疑問に答える記事を記載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む