ロボット大国といわれた日本。いよいよ医療用ロボットが身近な存在となりつつあるようだ。名古屋大学病院では、今月から薬や検体を搬送するロボットの試験運用が始まるが、夜間に運用するため、夜勤の看護師の大幅な負担軽減につながると期待されている。これを受けて、中国メディアの今日頭条は4日、「中国と日本の医療の違い」を分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む