長年に渡るイギリス統治を経て中国に復帰した香港。中国本土とは消費観念が大きく異なるようだ。中国メディア・今日頭条は4日、「香港にはトヨタ車か高級ブランド車の2種類しか存在しない」とする記事を掲載した。

 記事は「香港ではトヨタとBMW・ベンツ・アウディ以外のブランド車を見かけることは非常に少ない。中国大陸では『神車』と崇められるフォルクスワーゲンや、ホンダの車もめったに見かけない。そして、大陸で大人気のSUVタイプもここでは売れ筋ではない」とした。

 そして、香港がほぼトヨタの天下であるとしたうえで、その理由について「トヨタは最も早い時期に香港市場に進出し、車両のコストパフォーマンスの高さ、モデルの多さから実用性を求める香港人に好かれた」、「至るところで見られるトヨタ車のタクシーが長きに渡り広告塔的な役割を果たしている」という点を挙げている。

 記事は、「香港のタクシーは1995年にリリースされたクラウンコンフォートで、低コストと広い車内空間、信頼性の高さ、故障率の低さからたちまち現地市場で認められ、現在に至るまで愛用されている。そしてタクシー以外ではハイエースやアルファードが多く見られる。ハイエースはサイズの大きさと耐用年数の長さで喜ばれている。アルファードはビジネスマンやスターの通勤車両として多く用いられている。その豪華さ、車内空間の広さ、プライバシー保護性の高さは、まるでコンパクトで使い勝手の良いキャンピングカーのようである」と伝えた。

 一方、セダンについては「高額な維持費を支払える消費者の大多数はBMW・ベンツ・アウディなどの高級車を選択する。あるいは、プリウスやテスラなどだ。空港や大手のホテルではテスラのモデルSをよく見かけるが、これは香港政府のエコカー補助が大きかったから。2016年時点で、香港は世界で1人あたりのテスラ車保有台数が最も多く、充電設備の密度がが最も高い地域だった。香港のような小さいエリアでは、テスラの航続能力で十分なのだ」としている。

 しかし、記事によれば、昨年4月にエコカー優遇制度が期限切れを迎えていこう、テスラの香港での売り上げはパッタリと止まったという。記事は「香港人は優遇政策があったからテスラを買っていただけで、心からこの車を愛していたわけでなかったようだ」と説明した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)