中国では多くの人が60歳前後で退職し、そのあとは余生を楽しんだり、孫の世話をしたりして過ごすのが一般的だ。「定年退職後も働く」という人はそう多くはない。近年、日本を訪れる中国人が増えているが、日本ではいきいきと仕事をしている高齢者が多く、その姿を見て驚く中国人は多いようだ。中国メディアの今日頭条は25日、なぜ日本には「死ぬまで働きたい」と考える高齢者が多いのかと疑問を投げかける記事を掲載し、その理由について考察している。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む