間もなく今年も終わり、新しい1年が始まる。中国では旧暦の春節をより重んじているが、それでも1月1日は「元旦」で祝日になっている。年末年始の時間を利用して日本旅行にやって来る中国人観光客の間では、美しい雪景色が楽しめる北海道や東北地方の人気が高いという。中国メディア・今日頭条は25日、「雪がたくさん降ると、日本はまるでファンタジーのような美しい景色に変わる」とする写真記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む