ヤフー(代表取締役社長:宮坂学氏、「Yahoo! JAPAN」)は12月22日、フィンテックを使った個人向け貸し出しサービスを提供するJ.Score(代表取締役社長:大森隆一郎氏)と業務提携することを発表した。顧客の同意に基づき「Yahoo!ショッピング」や「ヤフオク!」の利用状況等をJ.Scoreへ連携し、連携したデータは「AIスコア・レンディング」のスコア算出に活用し、レンディング条件へ反映される。また、J.ScoreのデータをYahoo! JAPANのサービスで活用することも検討する。

 J.Scoreは、みずほ銀行、ソフトバンクが折半出資で2016年11月に設立した会社。「AIスコア・レンディング」はAI(人工知能)を使って、個人の様々な情報から、信用力と可能性をスコア化し、そのスコアに応じた貸し出し条件で融資を実行する日本で初めての個人向け融資サービス。1千円以上、1千円単位で貸し出し、融資極度額は10万円~1千万円(10万円単位)で設定する。貸付利率は、実質年率0.9%~12.0%(0.1%単位)。

 ヤフーとJ.Scoreの連携は、2018年春頃をめどに開始する予定としている。(イメージ写真提供:123RF)