中国では日本に対して様々な意見が存在する。なかには歴史や政治的な理由で日本に対して否定的な感情を抱いている人も少なくない。だが、日本のことを良く思っていない人でも、実際に日本の清潔さや秩序正しさを目の当たりにすると、「日本のすべてを否定することはできない」と感じるようだ。

 中国メディアの今日頭条は18日、日本で2年間にわたって生活した経験があるという中国人の見解として、真の日本はどのような場所なのかを紹介しつつ、「日本が嫌いであっても、日本のすべてを否定することは不可能」であるとする手記を掲載した。

 まず記事は、日本は明治維新以降、西洋の進んだ文化を取り入れ、国民の教育に力を注いできたと伝え、今や日本国民の民度の高さやマナーの良さは世界的に有名な水準だと指摘。日本が嫌いでも否定できない要素は「日本人の民度である」とした。

 続けて、この中国人が日本で生活していた際、もっとも印象深かったこととして、社会全体が「秩序正しい」ことだったと紹介。それは、中国で見られるような「大声での喧嘩」や「列への割り込み」が日本では見られないといったことだけでなく、社会のあらゆる点に秩序があったと称賛。

 さらに「清潔」であることも日本の良いところであって、中国と大きく違っている点だと指摘し、日本は国土こそ狭いが、さまざまな場所の緑化が進んでいて、開発されずに土がむき出しのまま放置されているような場所はまずないことを紹介した。

 記事の主張に対して、中国のネットユーザーからは「重要なことは、自分達が学び、向上し、日本を越えることだ」といった意見や「うらやましがっているだけでは意味がない。中国も日本のように清潔な国を作り上げていくべきだ。まず自分から、ゴミをポイ捨てしないことや人に礼儀正しく接することを始めていこう」といった声が寄せられていて、多くの中国人が日本の美点を認めていることが見て取れた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)