日本製品の質が高く評価され、多くの中国人が日本を旅行で訪れる一方、歴史問題や領土をめぐる対立などを理由に、日本に否定的なイメージも持つ。つまり、多くの中国人は日本に対して「愛憎相半ば」の複雑な感情を抱いていると言えるだろう。中国メディアの今日頭条は18日、こうした複雑な感情と共に日本を訪れたという中国人の手記を掲載し、真実の日本の姿を紹介する記事を掲載した。

 記事は、一部の中国人が日本に対して持つイメージの例として、「人間としての感情の欠けた冷血な国」という歴史問題を背景としたイメージと、「秩序がある社会が存在し、礼儀正しく、優しさと温かみのある人びとが暮らす国」という2つの矛盾したイメージが共存していると紹介。

 事実、中国ではメディアの報道ですら、「軍国主義を激しく批判する」内容と「日本の秩序や清潔さ」を高く称賛する内容が入り混じっている状態であると伝え、どの日本が真実の日本なのか、混乱する中国人は少なくないと論じた。

 続けて、日本を訪れたことのない中国人でも抱いている日本に対する共通イメージのうち、まず「清潔さ」を挙げたうえで「これは事実だ」と指摘。日本では中国と比べものにならないほどゴミの分別が厳格に行われていて、街中にはゴミがほとんど落ちていないと指摘したほか、日本がゴミの分別やリサイクルを徹底している背後には「ゴミを資源」と捉え、ゴミの山を「都市鉱山」と見なしていることが挙げられると紹介。そして、日本は子どもたちが幼少の頃からゴミ分別や環境保護の大切さを教えていると指摘した。

 さらに、日本人の生活ぶり、都市部と地方の発展格差の小ささ、富をひけらかさない控えめな性格、思ったことをはっきりと口に出さない日本人の考え方、個人より集団を優先し、雰囲気や空気を通じて集団の意思を読み取る日本の文化などを紹介したうえで、日本と中国には大きな違いがあるものの、今日の日本は「人間としての感情の欠けた冷血な国」ではないことを強調。歴史問題などを理由に、日本を好きにならなくても問題ないが、「それでも隣国の1つとして、中国人は日本を知り、理解すべきである」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)