冬の寒い日には鍋物が食べたくなる。なかでも、さまざまなタネが入ったおでんの魅力には抗えない。おでんは中国でも「関東煮」という名称で浸透している。中国メディア・今日頭条は19日、「この日本からやってきた『関東煮』はどうして多くの人に好かれているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「関東煮」として広く知られているおでんについて「大根や豆腐、肉団子、卵、こんにゃく、タケノコなどを、仕切り板・・・・

続きを読む