住居の設計はその世帯の家族構成や生活習慣によって違ってくるものだが、国や地域が変わればさらに大きな相違が見られるのも当然だろう。中国の不動産事情は日本と異なり、家を購入してから自身で内装を決め、内装業者を手配して完成させ手から住むのが一般的だ。

 それゆえ中国人は住居の設計に対して日本人よりも強い関心を持っている。中国メディアの今日頭条は11日、「日本の風呂やトイレ、洗面所はまるで天国のように快適で、日本人が中国のトイレを嘲笑する気持ちがわかった」とする記事を掲載した。

 中国では湯船に浸かって入浴する習慣がないので、浴室にバスタブが存在しないことが多い。バスタブ・・・・

続きを読む