世界中どこにでもあり、人気のある中華料理。日本でもいたるところで中華料理店を見かけるが、日本の中華料理は日本人の口に合うように改良されている。中国メディアの今日頭条は10日、中華料理が日本人の手によってどう変わったかを紹介する記事を掲載した。中国人からすると「おもしろい飲食の習慣」として、おおむね好意的に受け入れられているようだ。

 では日本にはどんな「おもしろい」中華料理があるのだろうか。やはり、「何にでもご飯を合わせる」組み合わせはこの話題に欠かせないようだ。中国では、南方はコメが主食だが、北方では餃子やマントウなどの小麦粉から作った料理が主食になっている。そのためか、日本の中華料理店では「餃子をおかずにしてご飯を食べる」ことや、「ラーメンにご飯が付く」ことが、中国人からすると「主食と主食」の不思議な組み合わせとなるようだ。

 また、同様の理由で「焼きそばパン」も面白いと感じるという。中華料理の焼きそばが日本風にアレンジされた良い例と言えそうだが、「和洋折衷」の良いアイディアで、見るだけで非常に食欲がわく、と称賛している。また、「日式の麻婆豆腐」など、他の中華料理も日本風になってはいるものの、全般的に「なかなか」だと高く評価した。

 日本人の口に合うように改良され、本場とは多少違ったものになっている日本の中華料理。特に餃子についていえば、中国では普通水餃子にして食べるが、日本は焼き餃子にして食べるという違いもあり、皮も中国より薄いのでおかずとして成り立つというのもあるだろう。いずれにしても、中国人からすると理解に苦しむ食べ方のようだが、おいしければそれでいいとも言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)