日本経営管理教育協会が見る中国 第492回--水野隆張 ■超大国米国と中国の指導者が交替

 日本を取り巻く超大国、米国と中国のリーダーが交替して、両国に急激な変化が起こり始めている。これまで覇権について公には決して口にしなかった中国の指導者が「強国中国の夢」という表現で世界覇権をあからさまに口に出し始めたのである。一方の米国はこれまですべての国際問題に介入していたが、新しい指導者はアメリカ・ファーストという方針を打ち出し、TTPやパリ協定といった国際協調路線を否定してアメリカの国益第一優先という方向へと舵取りを大きく変化させている。 ■鄧小平氏の遺言

 ・・・・

続きを読む