「日本らしさ」や「日本ならでは」というと、どんなことを想起するだろうか。礼節を重んじる、年功序列社会、空気を読む、和食や着物など、さまざまな答えが返ってきそうだ。中国メディア・今日頭条は4日、「これらの『日本ならでは』は学ぶに値するものだ」とする記事を掲載した。

 記事が示した、中国が学ぶに値する「日本ならでは」の事柄は全部で9つ。前半の5つは「動物と『握手』ができる動物園」、「ガムを買うとボトルの中に小さな紙の束が入っている」、「携帯式の灰皿が普及している」、「外で雨が降ってきたことをオフィス内に知らせるランプ」、「自転車がスピードを出し過ぎないようにするため、歩道に設置された障害物」を挙げている。

 「動物と『握手』ができる」というのは、動物園において動物に直に触れるチャンスがあるということを表したものだ。動物に触れるほかに、自らエサを与えて動物とのコミュニケーションを楽しむ体験ができるのも日本の動物園の優れた点であると記事は指摘した。

 後半の4つでは「電話ボックスを使った金魚の水槽」、「各都市の特徴あるイラストが描かれているマンホールの蓋」、「自走可能な冷蔵庫」、「荷室の横壁部分が開き、荷物の出し入れがしやすくなっているトラック」が紹介された。「自走可能な冷蔵庫」は、飲み物や食べ物が欲しい時にわざわざ冷蔵庫に行かなくても、冷蔵庫の方からやって来てくれるという点で画期的だという。

 総じて、物に対する工夫やアイデアの豊かさにかかわる事柄が多く挙がっている印象だ。これらは突然パッとひらめくものもある一方で、社会の様々なニーズや生活上の問題点を地道に観察し分析した結果出てくるものもある。1つ1つの事柄というよりも、その精神や姿勢こそ学ぶ価値を持っていると言えそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)