中国では政治面などの理由で他国との関係が悪くなると、その国の商品を排斥する動きが高まることがある。尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権をめぐって日中関係が悪くなった際には、日本の製品を排斥する運動が高まった。2017年は、韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備をめぐって中韓関係が悪化し、韓国製品の排斥運動が行われた。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む