中国では経済発展の背後で「格差」が問題となっている。非常に莫大な個人資産を持つ富裕層が多くいる一方で、その日暮らしの貧しい人も多い。また、上海などの沿岸部の都市が経済成長を牽引する一方、中国内陸部には発展から取り残された農村が数多く存在する。

 それだけに日本を訪れた中国人の多くは、日本では農村部であっても豊かな暮らしができることに大きな衝撃と驚きを覚えるのだという。

 中国メディアの今日頭条は1日、日本は世界で最も現代化が進んだ国の1つであり、都市部だけでなく、農村部でも発展を享受できる国であると伝え、中国と日本の農村部における違いについて考察している。

 記事はまず、日本では農村部であっても高い教育を受けることができるとしたほか、中国と違って道路もしっかりと舗装されている日本では都市部となんら変わらない生活インフラが整備されていると紹介。また、日本の農村部は人口密度が低いだけで、都市部と特に変わらない生活ができ、環境は良く、ゴミがポイ捨てされてゴミで埋め尽くされるようなこともないと指摘した。

 さらに、日本の農村では機械化が進んだ農業が実現していて、農地はさほど広くなくても生産量は多く、中国で行われている農業ほど「体力的にきつい仕事ではない」と指摘。日本人のなかには都市部からわざわざ農村部に移住する人もいるほどだと指摘し、日本と中国の差は「農村部にこそある」と強調した。

 また、中国では「農民」という言葉には立ち遅れて学のない人という差別的意味合いが含まれることがあるが、日本では学もあって豊かな暮らしができていて、同じ農村であっても日本と中国はまったく違っていることを強調している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)