日本は第2次世界大戦で敗戦し、本土の空襲などを受けたことから各都市は焼け野原となった。しかし、終戦から19年後にあたる1964年には東京五輪を開催したほか、世界初の高速鉄道である新幹線も同年に開業するなど、目覚ましい復興を遂げた。

 中国メディアの今日頭条は28日、空襲と敗戦によって焼け野原になった日本が極めて短期間で復興を遂げたことは「日本人が起こした奇跡」であると伝える記事を掲載した。

 記事は、日本が戦争中に本土の爆撃を何度も受け、非常に多くの死傷者が出たと紹介する一方、国の次世代を担う少年少女は都市部から地方へと疎開していたと紹介。終戦を迎えた時の日本は物・・・・

続きを読む