中国は国内総生産でこそ日本を追い越しているが、自らを「開発途上国」であると主張している。将来的な先進国入りを目指す中国にとって、近隣の先進国である日本は手本であると同時に「尊敬すべきライバル」なのだという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本経済はバブル崩壊後に約20年にわたって成長が停滞しているとしながらも、それでも複数の産業において今なお世界をリードし続けているとし、「日本は中・・・・

続きを読む