中国は世界最大の自動車市場であり、街中では日系車も多く見かけることができる。中国車も近年は販売を伸ばしているが、それでも「中国車ではメンツが立たない」、「中国車は品質が低い」という認識を持つ中国人消費者は少なくない。

 中国メディアの今日頭条は24日、なぜ中国車は日本メーカー製のエンジンを搭載していても売れないのかと疑問を投げかける記事を掲載し、その理由について考察している。

 中国では歴史問題などを理由に日系車を排斥しようと呼びかける人がいるが、記事は「そのような主張を声高らかに叫ぶ人でも日系車の品質は認めざるを得ない」とし、同様に日本メーカーのエンジン性能の高さも認めざるを得ないと指摘。日系車を排斥する消費者にとって、中国車であると同時に品質が高く性能が良い日本メーカーのエンジンが搭載されていれば「完璧」ではないだろうかと論じた。

 続けて、中国メーカーは高性能なエンジンを生産できないがゆえに、日本企業からエンジンを調達している中国メーカーは少なくないと指摘する一方、実際には日本メーカーのエンジンを搭載した中国車は特別売れ行きが良いわけではないと紹介。一体これはなぜなのかと疑問を投げかけた。

 この疑問に対し、記事は「日本メーカーのエンジンを搭載した中国車と日系車の価格は大差ないためではないか」、あるいは、「日本メーカーが提供しているエンジンは最先端のものではなく、燃費性能が相対的に劣るためではないか」と考察。日系メーカーのエンジンを搭載していても中国車であれば「愛国心を持つ人にとっては完璧な車」であるはずが、実際にはさほど売れていないのが現状であり、販売面では完璧とはいかないと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)