バブル崩壊後の日本経済が停滞した期間は「失われた20年」と呼ばれる。この言葉は中国でも広く知られており、なかには日本経済はもはや虫の息と思い込んでいる中国人もいる。それだけに、日本を訪れると「思っていた姿と違う」と面食らう人もいるらしい。中国メディアの今日頭条は24日、「失われた20年の後の日本はなかなか暮らしやすそうな国だった」と論じる記事を掲載した。

 中国人筆者は、旅行で日本を訪問・・・・

続きを読む