今季のサッカー・アジアチャンピオンズリーグ(ACL)は、浦和レッズが日本勢として2008年以来の優勝を飾り、日本サッカーのレベルの高さを示した。中国メディア・今日頭条は26日、「17年前に中国サッカーは日本に学ぶべきだと提言したら売国奴と罵られたが、今も中国サッカーは低迷状態にある」とする記事を掲載した。

 記事は「中国サッカーはどう発展すべきなのか。どうして中国代表は、いつもサポーターを悲しませるのか。われわれは誰に学ぶべきなのか。この一連の問題には答えがないようにも思える。たとえ、リッピ氏を呼んでも中国代表の未来は先が見えない状態だ」としたうえで、中国の著名なサッカー解説者・黄健・・・・

続きを読む