日本の住宅は温もりのある木造建築が多い。これはコンクリート住宅が一般的な中国では考えられない習慣で、木造は雨漏りしそう、自然災害にも弱そうだと言われてきた。しかし、近年日本の木造が見直されるようになってきたようだ。

 中国メディアの今日頭条は22日、「日本の住宅は木造建築なのに、中国ではコンクリート製である理由」と題して、中国では木造が採用されない4つの理由について分析する記事を掲載した。

 記事は、日本のドラマなどでよく見かける木造住宅について、「きれいで温かみがある」と称賛。多くの中国人もうらやんでいるという。では、なぜ中国ではほとんど見かけないのだろうか。その理由の1つとして「コスト」の問題があるという。木造住宅にコンクリート住宅と同じような防火、防水対策を施すのは非常に難しく、材料費や人件費、そして維持費も余分にかかると指摘。建築用に加工した木材はあまり流通していないためか、入手するには日本よりも割高であるとした。

 2つ目には「防火の問題」があるという。中国の住宅は隣家と非常に接近しており、火災も多いため、木造だと容易に延焼してしまうのだという。しかしこれは、日本も都市部などの住宅街では同じ状況だといえるだろう。3つ目としては、木造だと「ほこりだらけ」になってしまうからだと分析。スモッグが発生するほど空気が悪く、黄砂の問題もある中国では木造住宅だと毎日汚れた空気を吸うことになるためだとした。木造住宅は気密性が低いと思っているのだろうか。

 最後の理由は「防水」面だ。木造の場合防水工事は必須だが、防水材料は陽にあたると劣化し、定期的な維持管理は欠かせない。この手間と維持管理費がコンクリートよりもかかるため、中国で木材住宅を建てるのは難しいと分析した。

 いずれにせよ、中国で一般的でない木造住宅を建てるには、技術も材料も不足しているのは間違いなさそうだ。環境にも優しく、気候に合った心地よい木造住宅に住めるのは、中国人にとって非常に羨ましいことのようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)