海外旅行ブームが起きている中国において、日本は人気の渡航先の1つだ。多くの中国人が日本を訪れるなか、一般の中国人ばかりでなく、有名人や芸能人なども日本旅行を楽しんでいるようだ。中国メディアの今日頭条は22日、「なぜ中国の有名人は皆、日本旅行が好きなのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、「日本旅行を楽しんでいる中国の有名人に遭遇する確率が高い場所」はどこかを紹介した。

 記事は「日本は非常に清潔で国民は礼儀正しく、あるべきものはなんでもある」とし、中国の多くの有名人が日本を訪れ、恋人とのデートを楽しんでいることを紹介。では、中国の有名人に出会う可能性があるのは、日本の空港以外にどのようなところなのだろうか。

 まず、記事は何と言っても「東京」で出会える確率が高いと紹介。東京にはミシュランガイド掲載店が数多く存在し、懐石料理やすし、さらには、フランス料理からイタリアン、軽食に至るまでありとあらゆるグルメを堪能できることを紹介し、中国の有名人もその多くが東京を訪れていることを紹介した。

 さらに、東京のなかでも「銀座」はニューヨークの5番街や、パリのシャンゼリゼ通りと並んで豪華であることや、電子機器の聖地「秋葉原」、また景色がきれいな「お台場」、さらに、上野、目黒川、御苑では「桜」がきれいに咲き誇り、中国の有名人の間でも人気が高い場所だと紹介している。

 ほかにも記事は、「北海道」や「沖縄」の大自然、「京都」、「奈良」、「大阪」などが中国人の有名人がよく訪れる場所であることを紹介した。日本人が訪れるのと同じような場所を中国人も訪れているようだ。ただ、日本人にあまり知られていない中国の有名人からすれば、日本はプライベートな時間を過ごすことのできる場所なのだろうが、中国では反日感情を抱いている人がいるのも事実で、ネット上に日本滞在中の写真を掲載して炎上する有名人や、中国人旅行客に顔がバレてしまい、ネットに写真を掲載されてしまい、騒動になる中国の有名人も少なからず存在する。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)