グローバル化の進展とともに国際結婚は珍しいものではなくなった。中国でも国際結婚は増えているが、日本人女性と結婚したいと願う中国人男性は非常に多い。中国メディアの今日頭条は19日、「なぜ日本人女性は中国人男性の間で人気が高いのか」と問う記事を掲載し、その理由について考察している。

 記事はまず、世界で最も完璧な人生とは「英国の家に住み、中国人のコックを雇い、米国人と同等の給料をもらい、日本人女性と結婚することである」という言葉を紹介。この言葉は中国で広く知られているものだが、なぜ日本人女性と結婚することが良いことなのかを紹介している。

 記事は、日本人女性の多くは結婚後、専業主婦になり、朝から晩まで家事をこなしてくれることを紹介している。夫や子どもの朝食を準備することから始まり、部屋の掃除や洗濯などを勤勉に行ってくれることを伝え、「つまり日本人女性は良妻賢母なのだ」とした。

 さらに、日本では女性が家事をしてくれるため、ほとんど家事をしない夫が多いことを紹介し、帰宅後はゲームをしたり、テレビを見ていれば美味しい食事が準備されると主張した。記事が紹介しているのは一昔前の日本人女性像と言えるが、現代は共働きが一般的となっていて、積極的に家事を行う男性も増えていることを記事は紹介していない。

 中国では男女は平等であるという考え方が一般的だ。ゆえに結婚後も男性も女性も仕事を持ち、それぞれ独立している。また、男性が食事の準備をすることもあたりまえだ。そんな中国人男性から見たら、夫と子供の世話をしてくれる日本人女性に惹かれてしまうのは自然のことかもしれない。だが、育った環境や国が異なる日本人と中国人が結婚するには、乗り越えなければならない問題がたくさん存在するのも事実だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)