中国でも一時期非常な人気を誇った韓流ドラマ。1年前の「韓流禁止令」以降、だいぶ下火になったが、ドラマに出てくる美男美女や美しい風景などへのあこがれはいまだに強いようだ。

 中国メディアの今日頭条は22日、韓国の農村部の写真を掲載し、「韓国の現実」を直視し目を覚ますよう勧める記事を掲載した。記事によると、韓国がみなドラマのように「美しくてドラマチック」なわけではないという。

 記事が掲載したのは、韓国の伝統的な農村の住宅や風景の写真だ。住宅は瓦屋根に平屋の昔ながらの家屋で、冬の農村の様子は畑の中に建物が点在していて一面に雪をかぶり、人の姿は見えず、しんと静まり返っているのが伝わってくる。また、薪を割っている男性の写真、お年寄りが皆と一緒に元気に糸を紡いでいる様子も紹介されている。

 中国人の好きな韓国ドラマは、御曹司と若い女性の複雑な色恋沙汰を繰り広げるといった話が多く、こうした農村地区が舞台になっているものは少ないようで、記事は「これが現実だ」と主張した。実際の韓国は、古びて粗末な建物と舗装されていない道路、そして、人気のない「荒野のような」風景で、お年寄りでさえ働かなければならないほど生活は苦しい人も少なくない、と気の毒そうに伝えた。

 確かに、大きくて高い建物がずらりと並んだ中国都市部と比べたらずいぶん違った農村の風景だが、それを気の毒ととらえるかどうかは別だろう。そもそも、中国の貧しい農村地帯は、韓国の農村部とは比べ物にならないほどひどい状況だ。それに、韓国の農村の写真を見ると、日本と同様空は青く澄みきっており、きれいに整頓された家屋は見ていて気持ちがいい。ドラマではわからない実際の風景。それを知るためにも、実際に行ってみて自分の五感で確かめるのも良いかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)