訪日外国人が増えるにつれ、百貨店や商業施設では中国語や韓国語、英語などのパンフレットやフロアマップを見かける機会が増えている。それだけ外国人が日常的に各店舗を訪れるようになっているということだろう。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む