ミャンマーは中国やタイに国境を接する地理的優位性のほか、高い識字率と安い賃金などを理由に、今後の著しい経済発展が見込める有望市場と目されている。アジア最後のフロンティアとも呼ばれるミャンマーには日本企業も積極的に進出している。

 中国メディアの今日頭条は22日、前途有望なミャンマーで将来的に「日本に行かずとも日本を感じられるようになるかもしれない」とし、鹿島建設がヤンゴン中心部において都・・・・

続きを読む