年末も近づき酒の席も増えるが、飲酒運転だけは絶対に許してはいけない。日本では飲酒運転の悪質性ゆえに飲酒運転者はもちろん、酒の提供者、車の提供者、同乗者にも罰則が適用されるようになるなど、罰則は強化し続けられている。

 交通事故が多発する中国でも飲酒運転が社会問題となっていて、刑事罰となる可能性も高いものの、日本同様に飲酒運転を根絶できていないのが現状だ。中国メディアの今日頭条は20日、「・・・・

続きを読む