世界において中国企業が存在感をますます強めている。特にインターネット関連分野ではその傾向が顕著だ。中国メディア・今日頭条は16日「日本にはトップレベルのインターネット関連企業はないのに、世界のインターネット業界の半分を掌握している」とする記事を掲載した。

 記事は、世界の10大インターネット関連会社について、百度、アリババ、騰訊の中国企業3社と、グーグル、フェイスブックなど米国企業7社で・・・・

続きを読む