中国では日系車の人気は非常に高い。だが、中国では日系車にまつわる様々なデマが数多く存在し、そのなかの1つに「中国以外の国で販売されている日系車と中国国内で販売されている日系車の品質には差があり、中国で販売されている自動車の質は悪い」というものがある。中国メディアの今日頭条はこのほど、この噂について検証する記事を掲載した。

 まず記事は、最近起こった日本に関係するエアバッグや燃費データの改ざんを引き合いに出し、日本国内でも日本車についての問題が起きていることを紹介し、日本国内での製品に問題があるからといって、「質の悪い車を中国で故意に販売していること」を否定することにはならないと指摘した。

 だが、質の悪い車を中国で販売しているという「噂」は「デマ」に過ぎないことを指摘。確かに同じ車でも排気量が違っていたり、異なるトランスミッションが採用されていたりなど、中国と海外では仕様が異なっていることは往々にしてあることだと紹介する一方、これは「中国人を差別して低品質の車を中国向けに売っているのではなく、あくまでも中国の消費者のニーズに合わせて生産されているだけ」と指摘した。

 また、自動車の生産工場がある国によって検査規準に差はあるものの、中国と外国で大きな差があるわけではないことを伝え、中国で日系メーカーが「三流の自動車を販売している」という「噂」は根拠のないデマであると強調した。

 中国で販売されている日系車は、日本企業と中国企業の合弁会社が中国で生産した自動車だ。経済が発展しているとはいえ、まだまだ粗悪な商品が多く出回っている中国では、自国で生産された商品に対して多くの消費者が不信感を抱いてしまうのだろう。中国は世界最大の自動車市場であり、日本のメーカーは中国人消費者のニーズを尊重し、中国向けの車の開発に努力している。すでに多くの消費者から日系車は受け入れられているが、絶対の信頼を勝ち得るにはもう少し時間が掛かりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)