スポーツの国際試合で勝った選手が自国の国旗を手に持って喜びを爆発させている様子を見ることがあるが、先日、中国で行われたトレイルランニングのレースにおいて、犬に邪魔された日本人女性が日の丸を纏ってゴールすることができなかったという。中国メディアの今日頭条は14日、この珍事件と中国のネット上の反応について伝える記事を掲載した。

 トレイルランニングとは通常のマラソンと違って、舗装されていない山谷を走る競技のことだ。中国四川省にある高峰・四姑娘(スーグーニャン)では2014年から毎年、開催されているトレイルランニングのレースが行われており、連なる4つの峰は4姉妹に見立てられる美しさで、世界自然遺産にも指定されている絶景の中でのレースであるが、同時に高山病との戦いでもあるようだ。

 記事によると、この厳しい条件のなかでようやくゴールを決めた日本の女子選手に「災難」が降りかかったという。ゴールを目前にしていた女子選手の前に犬が飛び出し、女子選手が持っていた日本国旗にとびかかり、国旗に噛り付いた。日本の女子選手はやむを得ず国旗を残してそのままゴールしたという。

 掲載された写真では、犬が日本国旗にじゃれついているようにも見える。しかし、犬があまりにタイミングよく出てきたことや、中国で侮蔑の意味合いもある「犬」が日本の国旗にとびかかったことが滑稽に感じたのだろうか、このニュースに対していろいろなコメントが寄せられている。

 なかには、「よくやった」、「愛国的」と犬を称える人も少なくなかったが、それを「思考が狭い」と一蹴したり、「犬がじゃれるのはよくある光景」などと冷静にとらえる意見に賛同する人も多く見られた。

 この件は、開催者によりこうしたアクシデントはよくあることであり、わざとではないという釈明があったという。深読みすることはないようだが、すぐに反日に反応する中国のお国柄を示していると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)