中国でマイカーの所有率が高くなるにつれて、一部の消費者達の自動車に対する意識は成熟に向かい始めていると言える。中国では歴史問題や領土をめぐる対立を理由に、日系車に乗ることは愛国心に関わる行為であるという論調が存在するが、それに反論する意見も存在する。

 中国メディアの今日頭条は11日、日系車のファンだからと言って、決して愛国心が薄いわけではないと主張し、消費と愛国心はそもそも無関係であり・・・・

続きを読む