世界には米国のGPSやロシアのGLONASS(グロナス)を始め、複数の衛星測位システムが存在するが、中国も「北斗」と呼ばれる独自の衛星測位システムの開発を進めており、すでにアジア諸国に向けて関連サービスの売り込みを行っている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む