近年、中国では海外旅行がブームとなっていて、日本は人気の渡航先ランキングで常に上位となっている。事実、日本を訪れる中国人の数は年々増加しており、日本政府観光局によれば、訪日中国人の数は14年は240万9158人だったが、15年は前年比107.3%増の499万3689人となり、さらに16年は27.6%増の637万3564人となった。(イメージ写真提供:(C)zhaojiankangphoto/123RF)

続きを読む